×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スティーブのコンボ(ジロー)

○コンボ
とりあえず右アパとシーホークからは、
クイックフック→フリジャブ→ワンツー→ダックイン→ガゼル。

このコンボはワンツーを入れるときのステップインさえできれば安定するはず。

フォローとしてワンツーのステップインをミスったらガゼルをシーホークにすると安定する。起き攻めはしにくいがダメージは同じなので結構使える。

このコンボのメリットとして、
1:ダメージがそこそこ高い
2:運ぶ距離がかなりヤバイので意外と壁まで届く。
3:とりあえずイレーザーでの起き攻めがしやすい。
4:コンボに組み込んでいるパーツが多く、そのどれも応用できる。
とかかな。

こんなかでも一番重要なのは4番で壁との距離を考えて
1:クイックフック〜フリジャブ×n回
2:クイックフック〜フリジャブ〜ジャブ×n回
みたいに途中で変えられること。1は壁が至近距離で2はジャブで刻めば届くと判断したときに使う。


初段にシーイーグルとかを打つとその後はガゼルしかなくなりガゼルの後の選択肢も少ないから俺は使わない。

まぁ壁がないなら使ってもいいかもしれないけど壁があるステージでも俺は使わない。

壁に届かない状況でも上記のコンボを入れる事で壁際まで運んで壁攻めできるから届かないと判断したときでも使う価値は十分にある。

とにかくこのコンボはワンツー入れるときのステップイン、そして初段のクイックフックを当てる高さで成功するかどうか決まるっぽい。


微妙なネタだけど
シーホーク→ランカスター→ガゼルのコンボでランカスタで背面に回ってガゼルが頭から当たると思いっきりステップインしてからのターンカッティングが受身確定っぽい。

ただこれはガゼル当てるときにある程度背面から当てないと相手の足がこっちに向いてしまうので注意。

つまりこのコンボは、相手の頭側からの受身はホーミングが悪く、ガゼルで受身方向を限定でき、ターンカッティングのように軸をずらしながら出る技を当てるという三つの要素を盛りこんだコンボである。

実際はランカスターで完全に背面取れる条件がよくわからないし色々微妙なとこがあるのであまり実戦向けではない。多分背面取れる条件はキャラよったり出したタイミングによると思う。

再度言うがターンカッティング当てたいならかなりステップインしてから出さないとスカルので注意!
最後に誰かに調べてもらいたいがガゼルカウンター(ガゼルレイジも可)から頭側でガゼルを当てるコンボを考えてもらいたい。

なるべくガゼル当てるまでにダメージを稼ぎたいからクイックフック→フリジャブ→ガゼルとかはなしで。

ランカスターとかを早出しでやっても安定しないし誰か考えてください。とりあえず最後ガゼルで〆られれば受身にターンカッティング入るはず。

※今回は家庭用がないので俺もあんまり調べものができません。他のスティーブ使いの方の協力が必要である上に俺の情報も絶対に信用できるものではないのでこれを読んでるスティーブ使いの方は協力お願いします。